その他

【滑りづらい冬靴】スパイクがついた小樽の冬靴はどこで買える?

毎年冬が近づくと、STVどさんこワイドの情熱市場で小樽の職人が作る『滑りづらい冬靴』スパイク底で軽くて歩きやいと紹介されます。

通販ではなく、どこか直接店舗で買えるところはないか?調べてみました。

 

良さそうだけど、靴って履いてみないとわからないじゃない?

 

どさんこワイドの情熱市場で【滑りづらい冬靴】紹介されています。

女性用ブーツを紹介されることが多いのですが、長靴も丈夫すぎると大人気です。

 

本記事では『【滑りづらい冬靴】スパイクがついた小樽の冬靴はどこで買える?』について書きます。

 

滑りづらい小樽の冬靴が作っているメーカー

小樽運河

北海道の小樽で職人が手作りしている、滑りづらい冬靴のメーカーは『小樽第一ゴム』です。

北海道小樽は坂がとても多く、雪も多い。そんな小樽に住む住人だからこそ、本当に滑りずらい安心できる冬靴が必要だと、職人が心を込めて一つ一つ丁寧に作っています。

 

滑りづらい冬靴の会社
  • 会社名:小樽第一ゴム
  • 住所:北海道小樽市奥沢3丁目29番32号
  • TEL: 0134-22-5161

小樽第一ゴムの冬靴の人気の秘密はスパイク?

小樽の街並み

小樽の街は海と山の間に町があるので、このような坂道が非常に多いです。

北海道は雪が降り、暖かい日で溶け、氷点下になると圧雪ではなく、アイスバーンになるんです。

いくら冬道に慣れた北海道人でも、このアイスバーンによって滑って転んで骨折してしまう人も続出してしまうのです。

冬の外出は怖いです。だから小樽第一ゴムさんが作っているスパイク付きの冬靴が大人気となっているのです。

アイスバーンでも滑りづらいスパイクの秘密は

出典:STV情熱市場

このようなスチールピンが靴底に取り付けられます。この突起が、アイスバーンのツルツル路面をがっちりと掴むから、滑りづらいんですね。

これがあると、ないじゃ全然違います。

旅行で北海道にいらっしゃる観光の人は特に、北海道の圧雪ならまだしもアイスバーンってあまり経験ないじゃないですか?

道路の路面がまるでスケートリンクです!この靴は、慣れない道外の人にもオススメです。

スノートレ?それじゃ全然だめでしょ。

出典:STV情熱市場

このような、ゴムとセラミックの底に、ピンを合計16本埋め込んでいる『スパイク底』となっています。

北海道小樽の冬の滑りやすい坂道で何度も検証を繰り返し、滑りにくい安心のダブルスパイク底使用。納得のいく靴底が完成したのです。

北海道の冬の靴はゴム底が基本、スパイクがあると尚よいです。

そして、小樽第一ゴムさんが作る靴は、滑りづらいだけでなく、氷点下でも暖かく過ごせるようにインナーに暖かいボア裏使用し、軽く歩きやすい工夫もされています。

ネットでは送料無料だといいですね。

 

滑りづらい小樽の冬靴はどこで買えるか?

この靴の良さが分かったのですが、靴って実際履いてみないとわからないですよね?

小樽第一ゴムさんの靴を実店舗で買えるお店を調べてみたところ、

札幌では狸小路2丁目の『名取川靴店』で販売していることがわかりました。

ツイートをお借りします。こちらは”まつり”の時期らしく特売でもしてるのでしょうか?普段はこんなに人はいないですので、安心してください。

札幌市内では『名取川靴店』で、第一ゴムさんが扱う『滑りづらい靴』シリーズの種類が一番多く取り扱っています。

狸小路は、札幌中心部の大通とすすきのの中間にあります。

この他、札幌市内のイオンでも種類は少ないですが取り扱いがあったり、小さい靴屋さんでも取り扱いのあるところもあります。

 

滑りづらい冬靴のスパイクがついた小樽の冬靴はどこで買える?まとめ

本記事では『【滑りづらい冬靴】スパイクがついた小樽の冬靴はどこで買える?』について書きました。

滑りづらい北海道小樽の冬靴は、小樽第一ゴムの職人さんが丁寧に作っていて、ゴムとセラミックの底にピンを埋め込んでいる為、滑りづらいと人気です。

直接店舗で買える小樽第一ゴムのラインナップが豊富にそろっているお店は、札幌では狸小路2丁目の『名取川靴店』です。

一度試してみませんか?

-その他

Copyright© ミネコロンの思春期育児 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.