【確定申告のやり方③】アフィリエイト売上のFreeeを使った仕訳方法

副業から個人事業主になったブロガーミネコロンです。

今年も確定申告の季節がやってきました。

私はブログからの売り上げを仕訳していきますが、You

ミネコロン

一緒に頑張りましょう(^^)

何から始めたらいいのか分からない方は、経費からがおすすめです。

少し長いですが、ブログでアフィリエイト収入がある方はこれを見るとFreeeを使った仕訳方法を解決できます!

本記事では【確定申告のやり方③】アフィリエイト売上のFreeeを使った仕訳方法について書きます。

不明点は税務署、商工会などから教えていただき作成していますが、毎年スムーズに進めるための備忘録として公開しています。

間違えていることもあるかもしれませんが、私はこの方法で毎年提出しています。

同じような悩みをお持ちの方に、自己責任で参考にしていただければ幸いです。

目次

確定申告の大まかな流れ

経費までは終わりましたので、次に③の売上をまとめていきます。

  1. 経費をまとめる
  2. 経費を会計ソフトに入力する
  3. 確定している売上をまとめる
  4. 売り上げを会計ソフトに入力する
  5. 会計ソフトから確定申告をする

私の場合の、収益が発生している取引先一覧。

ブログで収益が発生し、利用している取引先一覧
  • Google AdSense
  • もしもアフィリエイト(楽天・アマゾン)
  • A8.net
  • リンクシェア
  • バリューアフィリエイト

売上確定金額を保存する方法や期間

青色申告の場合、確定申告から7年間保管をしなくてはならない。(保管期間が変わることがあるので気をつける※白色申告の場合は5年、青色申告でも所得が一定以下の場合は5年とされていますが、私は念のため7年保管することにしますまた、2024年度から領主書や請求書などの保管方法が変わりましたので、今後は売上確定した後は電子保存になる場合があります。

  • 楽天やAmazonなどで購入した備品やクレジットカード明細など、PDF形式、CSV形式、JPG形式のまま目安として7年~最長10年間保存するのが【義務】になった。
  • データを保存する場合は、ファイル名に、【日付_取引先名_金額】の名前をけておく。

万が一副業をやめたり、Freee会計を使わなくった場合も、freee会計のアカウントと事業所を削除しない限り、保存された電子ファイルが勝手に削除されることはないので、そのまま保存しておくことができます。

アフィリエイトでは確定日が売り上げ日となる

【確定日の例として1月の報酬はこのようになります。】

ASP確定日支払日最低支払金額振込手数料
Google Adsence2月3日(1月31日とする)2月21~26日8000円0円
もしもアフィリエイト1月31日3月月末1000円0円
A8.net1月31日3月15日頃1000/5000円ゆうちょ66円
リンクシェア1月31日3月15日頃1円0円
バリューコマースアフィリエイト1月31日3月15日頃1000円0円

※最低支払い金額に到達しない場合は、最低支払金額に到達するまで繰り越され入金されません。

アフィリエイト売上の仕訳【借方と貸方の考え方】

アフィリエイトの収入は売り上げは売上高になります。

Freeeでは売上高を選択すると、自動で借方は売掛金になります。

売上日

借方貸方
売掛金10000円売上高10000円

入金日

借方貸方
普通預金10000円売掛金10000円

入金されたら、経費の時の未収金と同じように売掛金で帳尻を合わせて消しておきます。

手数料が発生していた場合

借方貸方
普通預金9700円売掛金10000円
支払手数料300円

年をまたぐ入金であっても売掛金は未回収のままでOK

この後は、取引先別に紹介します。

Google AdSense

Google AdSense
  • 確定日:翌月3日だが、帳簿は当月の月末とする
  • 支払日:翌月21~26日の間
  • 最低支払金額:8000円
  • 振込手数料:0円

通常確定日が売り上げ日となります。

通常のASPであれば月末に確定日が多いため問題ないのですが、アドセンスの場合は翌月3日に確定となる。

そのため12月に発生した売り上げは、翌年1月3日に確定するため年を越してしまうのです。

  • 1月の売り上げになるという人と
  • ややこしくなるから12月の売り上げにしていい

二通りの考え方で意見の相違があるため、何が正しいのか税務署へ問い合わせてみました。

ミネコロン

広告収入で12月の売り上げが翌年1月3日頃に確定するのですが、何月の売り上げにするのが正しいですか?

決済確定待ちということですが、労務を提供し実際に請求も発生しているのは12月になるため、請求できる権利があります。
12月の売り上げ、1月の売り上げどちらも正しいです。

大事なことは途中で変更しないこと。
一度決めたらずっと同じ方法ですれば問題ないですよ。

どちらも正しいという回答でした!

私は12月の売り上げは月末確定とし12月分として売り上げにしようと思います。

アドセンスの売り上げデータをダウンロードする

Google AdSenseの売上確定

翌月3日に確定するが、帳簿上は当月の月末とする

STEP
トップページの上部にある残高から

:が3つ並んでいるところから、お支払いページを表示

STEP
ご利用履歴を表示する
STEP
カスタムから期間を選択

詳細>すべて>カスタムを選択

カスタム期間を【2022年1月1日~2022年12月31日】にする。

STEP
指定した期間で保存

今まではデータを印刷していましたが、これからはデータをCSV形式で保存しておきます。

ファイルの名前は分かりやすいように【日付_取引先名_金額】が基本になるようです。

【2023/1-12_アドセンス_〇〇円】

というように保存していこうと思います。

ミネコロン

本来なら毎月データを保存するのが妥当だと思いますが、私は売り上げに関しては1年分まとめて保存しちゃいます。

CSVデータは、googleスプレットシートで見ることができます。

売上データをダウンロード>googleスプレッドシート>ファイル>開く>該当のデータを選択し開く

アドセンスの売り上げをFreeeに登録する

Freeeのホーム画面>収入を登録する>手動で収入を登録する

例)アドセンス【1月分売上10000円】の場合

収入>未決済>発生日(2023/1/31)>取引先(Google AdSence)>勘定科目(売上高)>金額(10000)>品目・部門・メモタグ(インターネット広告)>備考(Google AdSence 1月分売上)

【グーグル(ド】から振り込まれる

Google AdSense振込ルール
  • 毎月21~26日の間:【グーグル(ド】(日本法人のGoogle合同会社の略)から振込
  • 振込手数料:無料
  • 最低支払金額:8000円

※8000円に満たない場合は、8000円になるまで繰り越しになります。

取引口座とFreeeの連携をしている場合

Freeeのホーム画面>やることリストから登録していきます。

口座連携していない場合

Freeeのホーム画面>収入を登録する>手動で収入を登録する

収入>完了>口座(ゆうちょ)>発生日(2023/2/22)>取引先(Google AdSence)>勘定科目(売掛金)>金額(10000)>品目・部門・メモタグ(インターネット広告)>備考(Google AdSence 1月分入金)

もしもアフィリエイト(楽天・アマゾン)

もしもアフィリエイト
  • 確定日:月末
  • 支払日:翌々月末
  • 最低支払金額:1000円(住信SBIネット銀行は1円)
  • 振込手数料:0円

もしもアフィリエイトにはW報酬があり、入金されて初めて分かるので注意が必要です。

もしもアフィリエイトの売り上げデータをダウンロードする

もしもアフィリエイトの売上確定

月末

トップページの売り上げレポート>月次>期間>CSVダウンロード

もしもアフィリエイトの売り上げをFreeeに登録する

Freeeのホーム画面>収入を登録する>手動で収入を登録する

例)もしもアフィリエイト【1月分売上10000円】の場合

収入>未決済>発生日(2023/1/31)>取引先(もしもアフィリエイト)>勘定科目(売上高)>金額(10000)>品目・部門・メモタグ(インターネット広告)>備考(もしもアフィリエイト 1月分売上)

【カ)もしも】から振り込まれる

もしもアフィリエイトの振込ルール
  • 翌々月末:【(カ)もしも】から振込
  • 振込手数料:無料
  • 最低支払金額:1000円(住信SBIネット銀行は1円)

口座連携していない場合

Freeeのホーム画面>収入を登録する>手動で収入を登録する

収入>完了>口座(ゆうちょ)>発生日(2023/3/31)>取引先(もしもアフィリエイト)>勘定科目(売掛金)>金額(10000)>品目・部門・メモタグ(インターネット広告)>備考(もしもアフィリエイト 1月分入金)

A8.net

A8.netは(株)ファンコミュニケーションズが運営しています。

A8.net
  • 確定日:月末
  • 支払日:翌々月15日頃
  • 最低支払金額:1000円/5000円
  • 振込手数料:ゆうちょ66円

※振込は銀行や即時振込もあるが、手数料が110円~550円と高いため『ゆうちょ』一択

また、キャリーオーバー式といって繰越金額合計の多少に関わらず、自動的かつ永続的に次月以降へ繰り越す方法もあります。

A8.netの売り上げデータをダウンロードする

A8.netの売上確定

月末

TOPページ左側にある詳細レポート>成果確定レポート月別>確定報酬額税込みで確認>左隣の件数のリンク>個別の成果からCSVをダウンロード

ミネコロン

まとめてダウンロードするリンクが見つからないので、個別でやるしかないんか😿

A8.netの売り上げをFreeeに登録する

Freeeのホーム画面>収入を登録する>手動で収入を登録する

例)A8.net【1月分売上10000円】の場合

収入>未決済>発生日(2023/1/31)>取引先(ファンコミュニケーションズ A8.net)>勘定科目(売上高)>金額(10000)>品目・部門・メモタグ(インターネット広告)>備考(A8.net 1月分売上)

【カ)ファンコミュニケーショ】から振り込まれる

A8.netの振込ルール
  • 翌々月15日頃:【(カ)ファンコミュニケーショ】から振込
  • 振込手数料:ゆうちょ66円
  • 最低支払金額:1000円/5000円

口座連携していない場合

Freeeのホーム画面>収入を登録する>手動で収入を登録する

収入>完了>口座(ゆうちょ)>発生日(2023/3/15)>取引先(ファンコミュニケーションズ A8.net)>勘定科目(売掛金)>金額(10000)>品目・部門・メモタグ(インターネット広告)>備考(A8.net 1月分入金)

A8.netは振込手数料が66円かかるため、『マイナス行を追加』を選択し、支払手数料を入力します。

リンクシェア

リンクシェア
  • 確定日:月末
  • 支払日:翌々月20日頃
  • 最低支払金額:1円
  • 振込手数料:0円

リンクシェアの売り上げデータをダウンロードする

リンクシェアの売上確定

月末

酬金額の明細・振込確定金額が、毎月19日頃に届くメールで確認します。

ミネコロン

月末に確定といえどメールが翌月の19日頃なので、分かるまで時間がかかりますね

月次レポートで確認することもできますが、独自の抽出方法をとっていて集計方法が異なるため差異が出るため、メールでの確認が確実です。

今後変わる可能性はありますが、現在のところ売上確定をCSVでダウンロードはできないので、確定メールの印刷をして保存しておきます。

※年次明細が欲しい場合は、リンクシェアの申し込み窓口で出してもらえます。確定ベースでの年次明細を発行してもらえるか、問い合わせしてみると良いでしょう。

リンクシェア1月の確定額は翌月2月【17-19日頃】メールで届きます。

リンクシェアの売り上げをFreeeに登録する

Freeeのホーム画面>収入を登録する>手動で収入を登録する

例)リンクシェア【1月分売上10000円】の場合

収入>未決済>発生日(2023/1/31)>取引先(リンクシェアジャパン>勘定科目(売上高)>金額(10000)>品目・部門・メモタグ(インターネット広告)>備考(リンクシェア 1月分売上)

【リンクシェアジャパン( 】から振り込まれる

リンクシェアの振込ルール
  • 翌々月20日頃:【リンクシェアジャパン(】から振込
  • 振込手数料:0円
  • 最低支払金額:1

口座連携していない場合

収入>完了>口座(ゆうちょ)>発生日(2023/3/20)>取引先(リンクシェアジャパン)>勘定科目(売掛金)>金額(10000)>品目・部門・メモタグ(インターネット広告)>備考(リンクシェア 1月分入金)

注文のキャンセルがあった場合【確定取消の仕訳】

キャンセルがあった場合、メールでマイナス確定のお知らせが届く場合があります。

ミネコロン

メールでは何月分のキャンセルなのか?はっきり記載がなく確認ができないため、振込時に修正仕分けをしようと思います。

例)500円分のキャンセル仕分けはこちら

収入>完了>口座(ゆうちょ)>発生日(2023/3/20)>取引先(リンクシェアジャパン)>勘定科目(売掛金)>金額(10000)>品目・部門・メモタグ(インターネット広告)>備考(リンクシェア 1月分入金)

2段目は、キャンセル修正分でマイナスの行を追加

勘定科目(売上高)>金額(500)>品目・部門・メモタグ(インターネット広告)>備考(リンクシェア キャンセル取消分)

バリューコマースアフィリエイト

バリューコマースアフィリエイト
  • 確定日:月末
  • 支払日:翌々月15日頃
  • 最低支払金額:1000円
  • 振込手数料:0円

バリューコマースの売り上げデータをダウンロードする

TOPページレポート>サイト選択からすべて選択>レポート選択から【すべて選択】

レポート>承認報酬レポート>月別【期間入力】>CSVダウンロード

バリューコマースの売り上げをFreeeに登録する

Freeeのホーム画面>収入を登録する>手動で収入を登録する

例)バリューコマース【1月分売上10000円】の場合

収入>未決済>発生日(2023/1/31)>取引先(バリューコマース>勘定科目(売上高)>金額(10000)>品目・部門・メモタグ(インターネット広告)>備考(バリューコマース 1月分売上)

バリューコマース(カから振り込まれる

バリューコマースの振込ルール
  • 翌々月15日頃:【バリューコマース(カ】から振込
  • 振込手数料:0円
  • 最低支払金額:1000

口座連携していない場合

収入>完了>口座(ゆうちょ)>発生日(2023/3/15)>取引先(バリューコマース)>勘定科目(売掛金)>金額(10000)>品目・部門・メモタグ(インターネット広告)>備考(バリューコマース 1月分入金)

受取利子(預金利息)の仕訳

例) 4/1 受取利子(預金利息)2円の場合

収入>完了>口座(ゆうちょ)>発生日(2023/4/1)>勘定科目(事業主借)>金額(2)>備考(受取利子)

国税還付金の仕訳

還付金の他に還付加算金がある場合は、還付加算金は雑所得として申告する必要があるため、分けて仕訳をする。

加算金がない場合

例) 還付金462円 

収入>完了>口座(ゆうちょ)>発生日(2023/3/13)>勘定科目(事業主借)>金額(462)>備考(国税還付金)

加算金があった場合

例) 還付金10,000円 還付加算金2,000円

ミネコロン

雑所得として申請するために分けて仕訳をしておく

事業用口座からプライベートの為に引き出しをした場合の仕訳

事業用口座からプライベート使用の為、引き出しをした場合の仕訳は【事業主貸】となります。

例) 8/1 15万円引き出し

支出>完了>口座(ゆうちょ)>発生日(2023/8/1)>勘定科目(事業主借)>金額(150,000)>備考(事業主生活費)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次