【確定申告のやり方①】経費をまとめる

副業から個人事業主になったミネコロンです。

申告の季節がやってきましたね。個人事業主っていったら凄そうに聞こえそうですが、年末にまとめるだで十分終わってしまう弱小ブロガーです(^^♪

今年の収入は、ブログからのアフィリエイト収入(ASPとアドセンス)、不用品販売のメルカリです。

Freee会計を使い、確定申告へ向けて準備をしていきたいと思います。

※私はインボイス制度を利用していません。

不明点は税務署、商工会などから教えていただき作成していますが、プロではありませんので毎年スムーズに進めるための備忘録として公開しています。

同じような悩みをお持ちの方に、自己責任で参考にしていただければ幸いです。

ミネコロン

何からするんだっけ?というところから悩むため、順番に備忘録として記録します

本記事では『【確定申告のやり方①】経費をまとめる』について書きます。

目次

確定申告何からする?

まずは経費からやろう!

  1. 経費の請求書や領収書をまとめる
  2. まとめた経費をFree会計ソフトに登録をする
  3. 確定した売り上げをまとめる
  4. 売上をFree会計ソフトに登録をする
  5. 確定申告のためのデータを揃えて提出する

①経費の請求書や領収書をまとめる

2023年度までの経費は、クレジットカード明細を印刷して7年間紙で保存するというルールでしたが、『電子帳簿保存書改定法』により電子保存するというルールに変わるので注意が必要です。

電子帳簿保存法については、こちらを参考にしてください。

経費は、請求書と領収書またはクレジットの支払い明細書をセットにして保存しています。

これらの保存は、電子保存保護法のルールにより保存します。

  • 2023年度までは印刷して紙で保存
  • 2024年度からはPDF形式、CSV形式、JPG形式のままダウンロードをして電子保存

①1月から12月分のクレジット請求明細書のデータを保存する

経費は事業専用のクレジットカードで決済しているため、カードの明細をチェックします。

ミネコロン

事業で使う経費は、専用のクレジットを使った方が仕分けが簡単にできるのでおすすめ

私が使っているpaypayカードの場合は、【月末締の翌月27日払い】

1月~12月までの利用分明細は、2月~翌年1月分の請求明細書の保存をします。

クジレットの場合は、CSV形式にてダウンロードができます。

②経費の請求書を印刷する

クレジットカード会社等の利用明細と、該当の領収書や請求書をセットにして保管します。

Freee会計ソフトの領収書

Freeeアカウント管理>事業所管理>請求履歴

ミネコロン

この中にありますが、いつも通り会計ソフトにログインしていた場合、この順番で確認できます

【右上のプランから>プランお支払い設定>アカウント管理よりご確認ください】

該当の請求年をクリックすると、領収書が印刷できるようになっています。

Freee会計ソフトの場合は、【ファイルボックス】機能を利用すると請求書や領収書を電子データとして保存ができます。

ミネコロン

2024年度からはファイルボックスを利用すると便利ですね

Xサーバーの請求書・受領書

Xサーバーの請求書と受領書は【TOPページ>①料金支払い>②お支払い履歴/受領書発行】

履歴一覧から、該当の請求書と受領をダウンロード保存する。

ドメインの領収書

私はバリュードメインを利用しています。

バリュードメインではインボイス制度を利用する方は、【支払い>支払い・購入履歴】からDLできるようですが、インボイスを利用しない私の場合は、支払いが終わるとメールで領収書が送られくるのでメールを印刷します。

amazon・楽天の領収書

amazon・楽天の購入履歴から、備品などの【領収書/購入明細書】を印刷する。

ブログレビューて購入した商品については、経費にするべきではないや、何%かの家事按分なら大丈夫など賛否両論があるため、注意しましょう。

心配な場合、個人の場合は地域の『商工会』で相談してみるのも良いと思います。

Amazon物販月額登録料

【Amazon出品サービス手数料明細書】というメールが毎月送られてきます。

セラーセントラルの左メニュー【三>レポート>タックス関連文書ライブラリ>表示】

私はインボイスに登録していませんが、適格請求書のダウンロードになっていたのでこれを利用してみようと思います。

【確定申告のやり方①】経費をまとめるまとめ

【確定申告のやり方①】経費をまとめるについて書きました。

  • 経費などの支払いをしたクレジットの明細を揃える。
  • サーバーやドメインなど経費などの請求書や領収書を揃える。

次回は、『まとめた経費をFreee会計ソフトに登録』する手順を紹介します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次